特別顧問Adrienne Angel

> 講師紹介へ戻る 

 

ミュージックワークス特別顧問

 

Adrienne Angel

エイドリアン・エンジェル


- プロフィール -

 

ノースキャロライナ州のハイポイント大学、ニューヨークのジュリアード音楽院を卒業。その間に声楽、ダンス、ミュージカル、演劇を学ぶ。ショービジネス へはモデルやTVレポーターとしてスタートしたが、やがてブロードウェイのミュージカルやショーに出演。アメリカ、カナダのメジャーツアーも含めて、数多くの作品に出演した。

 

「南太平洋」のネリー

「王様と私」のアンナ夫人

「キス・ミー、ケイト」のケイト

「ガイズ・アンド・ドールズ」のサラ

「ショウ・ボート」のジュリー

 

などの主役も数多く務めた。

 

 

俳優として舞台に立つ一方 、若くして師であり後に伴侶となるセス・リッグス(マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダー等のヴォイストレーナーとして著名)のヴォーカル・スタジオのアシスタントとなり、ヴォイス・トレーナーとしての経験を積む。それまで学んできた発声技術と舞台経験を有機的に結び付けることにより、独自のメソードを確立した。

 

1980年、「ピーター・パン」のお母さん役を最後に舞台を引退。その後はヴォイス・トレーナーとしてブロードウェイを中心に積極的に活動しており、幅広い経験を持つ貴重な指導者としてライザ・ミネリ、バーナデッド・ピータース等多くのスターを舞台に送り出している。

 

98年の初来日後、当スタジオでワークショップを定期的に開催。

 


・NYSTA(ニューヨーク・シンギング・ティーチャー・アソシエイツ)理事

・NATS(ナショナル・アソシエイション・オブ・ティーチャーズ・オブ・シンギング)講師

・アン・ラインキング・ブロードウェイ・シアタープロジェクト講師

 

>>公式HP  http://www.adrienneangel.com/ 

指導を受けた有名人

●バーナデット・ピータース  ●シェール

●ライザ・ミネリ       ●ナオミ・キャンベル

●ウーピー・ゴールドバーグ  ●ジェーン・クラコウスキー

●ケネス・ブラナー      ●シーナ・イーストン

●アン・ラインキング     ●岡 幸二郎        他 多数

 


 「世界で一番のヴォイス・ティーチャー!」 ~ バーナデット・ビータース ~


 (デビューアルバムから)

「私の声を6年で導いてくれたAdrienne Angelに感謝しています」 ~ シェール ~